近況報告(訃報)

投稿者 菅野(昭59年卒TOP)

 スタジオ全(駒崎恭一氏)は、平成29年4月23日(日)にご逝去されました。
腎臓癌だったそうです。通夜・葬儀等は、ご本人の遺言により行わず、ご家族のみで4/26(水)にお見送りされたそうです。
 なお、本人の遺言に従い、お別れの会等も開催しないそうです。
ご自宅へご連絡、お問い合わせを頂いても対応できないそうです。

 スタジオ全とアリオンコールは、昭和50年頃からおつきあいさせていただきました。六連、定期演奏会、法関、演奏旅行までアリオンコールの演奏会では必ずステージ写真を撮っていただきました。中でも六連ではいつもアリオンはフォーメーションを変えたり、他校とは違う立ち位置であったり、萬歳流しのようなシアターピースをしたりで、カメラマン泣かせでした。にもかかわらず、文句言いながらも田中先生のステージを一番楽しみにしていました。

 また、公私ともにつきあっていただきました。昭和53年卒の高橋OBは、なぜか全さんの新婚旅行について行ったそうです。私もちょうど長男出産に備えて引っ越すことになったことから、引っ越しの手伝いにも行った覚えがあります。多くの先輩達が雀荘でカモにされていました。
 学生相手の武勇伝も多いのですが、カメラマンとしての仕事はしっかりしていました。何気なく撮影してもらっているステージ写真ですが、あるとき、演奏会が重なったため、全さんの代役をお願いすることになりました。結果は全然違います。ステージ写真は、単にカメラを三脚に立ててシャッターを押せばいいわけではありません。合唱ですから、指揮者がまさに指揮をしている瞬間、4パートがすべて口を開けて歌っている瞬間をとらえなければ、ステージ写真として美しくありません。それをきちんとこなしたのが全さんでした。後日、カメラのデジタル化に伴い、過去に撮影した音がフィルムをいただきました。それを見ると、ほとんど各ステージ1発で撮影していました。指揮者が躍動感を持って指揮をしている瞬間、合唱団が各パートが一斉に声を出している瞬間、この2つ同時の瞬間を「1発」で撮影していたのです。事前の楽譜もなく、リハーサルもなく。しかも、撮影手法は演奏開始後、早々に撮影したら休憩してしまうのです。
 そして全さんは、年々衰退していくアリオンコールを真剣に心配してくれました。「六連にはアリオンがいなければだめだ」と会うたびに言われていました。アリオンの再生計画の際にも何度か相談させていただきました。昨年には「女性団員をいれて何とか再生しています」と報告しましたら、大変喜んでいました。今年5月の六連では、顔を合わせたら、3年ぶりのアリオンコール単独演奏の実現を報告するつもりでした。それができないのは非常に残念でした。

 ご冥福をお祈りいたします。

近況報告(拡大六連マネージャー会:別名「スタジオ全を囲む会」)

投稿者 菅野(昭59年卒TOP)

平成28年12月3日歴代の六連マネージャーを中心に今回は新宿に集まりました。

 六連マネージャーOBを中心とした第3回「スタジオ全を囲む会」です。
 今回は主賓である「スタジオ全」が健康上の理由から、キャンセルしてしまい、会の趣旨から離れてしまいましたが、すでに佐世保から早割チケットを購入していた江代氏(法政58年卒)のたっての要望により、新宿で開催しました。今回は、さらに拡大し、日本女子大OG、清心女子大OGの方にも出席していただき、今までにない雰囲気の中、会は終了いたしました。法政から、江代OB(昭58)、菅野(昭59)、増子OB(昭60)の六連マネ3代が揃ったのは、六大学では法政だけでした。増子氏は、恒例の福島からの地酒を、社長の出身校別に6本持参していただき、ご賞味させていただきました。
 今年も、他5校のOBが関心が高いのは、アリオンコールの現役についてでした。蓮沼先生起用のこと、今年の新歓状況、学園祭でのミニコンサート等について説明したところ、熱心に話を聞いていただきました。アリオンOB以上に関心を持ち、心配してくれていました。

近況報告(拡大六連マネージャー会:別名「スタジオ全を囲む会」)

投稿者 菅野(昭59年卒TOP)

平成27年12月19日歴代の六連マネージャーを中心に再び横浜に集まりました。

 昨年に続いての六連マネージャーOBを中心とした「スタジオ全を囲む会」です。
今年は、昨年より少なく13名の参加でしたが、人数が少ない分、一つの話題で大いに盛り上がりました。
法政アリオンからは4名が参加し、今年も各校のOBから現役の六連に対して大きな期待と応援をいただきました。

近況報告(拡大六連マネージャー会:別名「スタジオ全を囲む会」)その2
歴代六連マネージャー

投稿者 菅野(昭59年卒TOP)

1982-2014

1983-2014

近況報告(拡大六連マネージャー会:別名「スタジオ全を囲む会」)

投稿者 菅野(昭59年卒TOP)

平成26年12月20日歴代の六連マネージャーを中心に横浜にそろいました。

 今回は六連マネージャーの共通項である「スタジオ全」の命により、横浜中華街で「拡大六連マネージャー会を開催しました。
 総勢24名が北は福島から、南は長崎から横浜中華街に集まりました。中にはいよいよスタジオ全が危ないと聞き間違えて最後の別れを言いに来たOBもいました。

近況報告(歴代六連マネージャー同窓会)

投稿者 菅野(昭59年卒TOP)

平成26年5月23日歴代の六連マネージャーが横浜にそろいました。

 写真、左から菅野(昭59年TOP)、高橋(昭53年SEC)、スタジオ全、江代(昭58BARI)です。
 今回も六連マネージャーの共通項である「スタジオ全」の命により、横浜での再会です。江代氏とスタジオ全は卒業以来35年ぶりの再会でした。長崎県佐世保市に拠点を置いている江代氏は、会った当初から帰る時まで横浜駅での人の多さに驚いていました。あとで調べてみると、横浜駅の1日の乗降客数は「120万人」、長崎県の総人口は140万人、ほぼ長崎県民全員が横浜駅にいることになりますから、多く感じるわけですね。
 35年ぶりであることを忘れさせる5時間でした。