第46回法関交歓演奏会(9月1日)

日時 2019年9月1日(日) 開場13:30 開演14:00
入場無料
場所 宝塚市立文化施設ベガ・ホール (阪急宝塚線 清荒神駅より徒歩1分
1st Stage関西大学グリークラブ
男声合唱組曲「そのあと」より はる 大小 そのあと 作詩:谷川俊太郎 作曲:上田真樹 指揮 田尻友哉
2nd Stage法政大学アリオンコール
無伴奏混声合唱曲集「レモンイエローの夏」より レモンイエローの夏 作詩:みなづきみのり 作曲:田中達也
Northern Lights 作曲:Ola Gjeilo
混声合唱(または重唱)とピアノのためのヒスイ 作詩:寺山修司 作曲:信長貴富 指揮 蓮沼喜文 ピアノ 中川万里花
3rd Stage関西大学グリークラブ
男声合唱曲集「クレーの絵本 第2集」より まじめな顔つき 作詩:谷川俊太郎 作曲:三善晃
男声合唱とピアノのための「縄文土偶」より 王子 作詩:宗左近 作曲:三善晃 指揮 西岡茂樹 ピアノ 武知朋子
4th Stage法政大学アリオンコール
混声4部合唱ピースよりほらね、 作詩:いとうけいし 作曲:まつしたこう
パプリカ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師 合唱・ピアノ編曲:菊池美奈子
Swingin’with the Saints 編曲:Mark Hayes 指揮 蓮沼喜文 ピアノ 中川万里花
5th Stage合同ステージ
The Lamentations of Jeremiah PartⅠ 作曲:Thomas Tallis 指揮 西岡茂樹
男声合唱組曲「明日へ続く道」より 悲しみの意味 明日へ続く道 作詩:星野富弘 作曲:千原英喜 指揮 蓮沼喜文 ピアノ 中川万里花


  

第74回東京都合唱祭(7月7日)

 今年も東京都合唱祭に参加しました。新1年生はすでに六連んでデビューしていますので、新メンバーでのアリオンコールのデビューです。
「ほらね、」、混声合唱とピアノのための「ヒスイ」より「ヒスイ」の2曲を演奏しました。指揮は蓮沼先生、ピアノは久しぶりの越後さんでした。




OB総会への参加(6月23日)

 法政大学ボアソナードタワー25階において開催された平成30年度OB総会が開催されました。総会の中で現役役員から近況報告として、新歓活動の結果、六連の結果、大阪法関等今後のの活動予定について報告されました。
 懇親会では、今年の新入生を含めた14名が参加して、3曲を披露しました。


第68回東京六大学合唱連盟定期演奏会

日 時  2019年5月12日(日) 15:30開場 16:30開演
会 場  東京芸術劇場コンサートホール
曲 目
単独ステージ 

  • 『男声合唱組曲「明日へ続く道」』
    作詞:星野富弘
    作曲:千原英喜
    指揮:蓮沼喜文
    ピアノ:中川万里花

六大学合同演奏ステージ   



 こんにちは、法政大学アリオンコールです。
ツイッターをご覧になっている皆様、日頃のご支援ありがとうございます。
今回は5月12日に行われる東京六大学合唱連盟定期演奏会について、ご報告があります。
 当団の単独ステージにおいて,女声部から2名が男声として演奏に参加させていただきます。
これは前例のない事であり、戸惑われる方も多いと思います。しかし、当団の男声部のみで演奏することが人数・実力共に難しく,外部からの応援も厳しい状態にあり,今回の判断に至りました。誠に勝手で申し訳ありませんが,どうかご容赦いただけると幸いです。
 今回参加する団員全員が演奏に熱い想いを持っています。皆様に豊かな音楽をお届けできるよう、あと少しも全力を尽くします。どうぞよろしくお願いいたします。

法政大学アリオンコール

法政大学アリオンコール公式Twitterより

フェアウェル・パーティーの開催(3/23)

 4年生加藤氏の卒業に伴い、赤坂「卑弥呼」において、フェアウェル・パーティーを開催しました。加藤氏は、アカデミー合唱団の副指揮の傍ら、ある時はアリオンコールの練習ピアニスト、ある時には演奏会ピアニスト、ある時には,合唱団員としてあらゆる場面でアリオンを支えてくれました。



春のコーラスコンテスト2019に参加(2/23)

 2月23日浜離宮朝日ホールおいて開催された「春のコーラスコンテスト」に初めて参加し、アリオンコールは蓮沼先生の指揮により11名で2曲を披露しました。
 他の参加グループは非常に練度が高く、周囲に圧倒されながらの演奏でした。客席からは、若干迫力が弱い印象があったので人数のせいかとも思ったのですが、同人数でも迫力のある演奏をしたグループもありましたし、後日、録音を聞くと素晴らしくきれいに歌っていたことから、ステージでの発声が今後の課題でしょうか。残念ながら入賞はなりませんでしたが、昨年の学園祭でのミニコンサートから試験期間をはさみながらも、2月から集中して練習を行った成果が演奏に出ており、このように実力が向上してきたことは、今後が非常に楽しみです。
 学生たちは入賞できなかったことを残念がっていましたが、まだまだ初出場です。
入賞は今後に取っておきましょう。

田中先生と蓮沼先生(5/18)

蓮沼先生が田中先生に挨拶に来られました。

5月18日、オールアリオンの田中先生による練習に蓮沼先生が見学に来られました。
田中先生から現役について頑張ってくれとエールをいただいたそうです。


蓮沼先生との懇親会(5/2)

蓮沼先生に聞く ~現役の現状とこれからの展望~

去る令和元年5月2日、新宿・鳥元にて蓮沼先生との懇親会を兼ねた座談会が開かれました。その模様をご報告いたします。
OB「現在の現役の活動は蓮沼先生のご活躍があってこそですが、そもそも、どうして引き受けていただいたのですか?」

  • 蓮沼先生「埼玉県内には男声合唱団も多くアリオンコールが“名門の合唱団”ということは聞いておりました。今までジュニアからシニアまでの指導の経験はありましたが、大学の名前のついた合唱団の指導はありませんでした。未知数でもあり、チャレンジしてみたいという気持ちがありました。」

OB「引き受けて最初の率直な印象は?」

  • 蓮沼先生「大変だとは思っていましたが、こんなに大変だとは思っていませんでした・・・。」

OB「苦労されていることは?」

  • 蓮沼先生「コミュニケーションの難しさです。世代、考え方、価値観の相違といいましょうか。
    例えば、合宿を通して楽しい経験をした。それを以てそれ以上のことは望まず、連絡も絶って消えていってしまう。また、「よし、これをやろう!」となってもそれが、本心なのか探りを入れながら進めることもあります。コミュニケーションの手段にしても、お酒を飲みながら話し合うことを好まない人もいます。こちらから近寄って心を開こうとすることを望まない人もいる、多様です。合唱団として最も大変なことは、人を集めることです。新歓時期も含めて、今後、コンスタントに団員を増やしていくのが課題ですね。」

OB「これからアリオンメン・アリオンウイメンに期待すること、展望は?」

  • 蓮沼先生「男声・女声・混声、すべての形態でやっていきます。団員の居心地がいいところにしたい。定期的な演奏会を開催できる合唱団を目指します。また、他の合唱団がやっていない企画もやってみたいですね。(今年の3月にも参加したが)コンクールをうまく利用していきます。」

OB「色々とやってみたいことはありますね。」

  • 蓮沼先生「そのためには軌道にのった合唱団にしなくてはならない。軌道にのった合唱団とは60人以上いる合唱団、50人は超えたいですね。」

OB「本日はお忙しい中、ありがとうございました。今後も現役のご指導、よろしくお願いいたします。」



新宿西口「鳥元」にて

新歓活動その2

2年生の頑張りにより、1年生男子5人、2年生女子1人が入団しました。
1年生男子は、さっそく、六連オンステのための練習を行っています。
新メンバーでのデビューは、7月7日の東京都合唱祭です。
お楽しみに。

新歓活動

 今年の新歓活動は、アリオンコール専用のインスタグラムの開設、新入生のツイッターへの積極的なリツイートなど、2年生が中心となって入学前から始めました。4月からは毎年恒例の入学式武道館での校歌斉唱、市ヶ谷公舎での新歓ブースの設置、ミニコンサートの開催、体験練習、ボーリング大会、ごはん会、花見、カラオケ大会、部室でののんびり会等様々なイベントを用意して新歓活動を行いました。
 その結果、多くの新入生男女が参加していただきました。


 

4月3日入学式(日本武道館)