1991年度OB総会(第10回)の開催

1990年度、1991年度活動報告

  • 1.現役から第40回定期演奏会記念に委嘱作品をつくりたいので、OB会として寄付をしていただきたいとの要請がありました。総会では、委嘱作品についてはOB会として意見の遠いがあり、OB会の一般会計から寄付をすることはできないが、有志の方々に寄付をしていただくことをOB会として呼びかけようということに決まりました。その決定にしたがって寄付のお願いをしましたところ、81名の方からちょうど50万円ご寄付をいただき、現役に渡しました。ご寄付いただいた方々に改めてお礼を申し上げます。
  • 2.90年の総会で、小島会長から、会長辞任の申し出がありました。その場では後任を決めることができませんでしたが、その後のOB会の体制をどうするかを、会則の改正を含めて幹事長・副幹事長会議で検討することを、総会から委任されました。それにしたがいまして、幹事長・副幹事長会議で議論し、その結果を91年の総会に提案することにしました。
  • 3.91年の総会は、第10回になるということで、盛大なものにしようと役員全員で取り組みました。その結果、OB58名、昭和28年度卒の方々の奥様5名、そして現役14名のご参加をいただき大変楽しい総会となりました。
  • 4.会則の改正が行われました。変わったところは役員体制と会費の値上げです。総会の提案では事務局長が何か事務屋みたいな役職のように見えるから理事兼事務局長にしたほうがいいという意見がでました。その扱いは理事会に一任ということになりましたので、事務局長の位置を理事のうえにおくことで、解決することにしました。
  • 5.年会費は3,000円とすることにしました。
  • 6.1992年1月に理事会を行いました。その場で、現役から、今年(92年)も委嘱をしたいので協力して欲しいとの要請がありましたが、OB会として取り組むのは5年に一回ということを以前に決めているので、OB会として寄付の呼び掛けはしないことにしました。しかし、何らかの協力をすべきではないか、という強い意見もありましたが、今回は原則は崩さないということにして、現役として、もう少し検討するように、という結論になりました。